そろそろ釣り初めということで去年の今頃をサクッと振り返る|今年のあの河口は?|コロナ禍での釣り自粛について改めて意思表示

2021年1月15日から開催しておりましたTwitter&YouTube連動プレゼント企画「釣り人を救いたい|ライフジャケット編」ですが、無事に終了いたしました。

ご当選された方、おめでとうございます!

プレゼント企画記事はこちら

今回当選できなかった方、エントリーされなかった方、まだまだプレゼント企画をやっていきますのでよろしくお願いいたします!

さて、本diaryを書いてる今現在は2021年3月3日でございます。

時より強い寒波に見舞われますが、ぼちぼち暖かくなりはじめ、海水温も「9℃」と上昇傾向にあります。

毎年の傾向から安定して「10℃」を超えてくると、魚の動きにも変化があるかな?といったところで、そろそろフィールドに出向いていきたいと思います。

ということで、昨年のこの時期どうだったかなと、少しばかり振り返ってみることに。

2020年1月24日に阿武隈川河口の調査に行きました。

2019年秋の台風で川幅がかなり削り取られ、それまでの釣りに最高だった地形が大きく変化してしまいました。

例年通りだとゆっくり時間をかけて概ね元の地形に戻るですが、結局戻らず今もそのままです。

このままだと今年も良い地形になることは難しいですが、台風リセットに期待するしかないですね。

なぜ今の地形がダメかというと、河口から海へ払い出しているところのブレイクライン付近にアクセスできないのが痛い。

そこに魚が…と、そこから先は敢えて伏せておきましょう。

そして2020年2月は動画UP無しで釣りにも行かず、3月に「20ツインパ(無印)」を調達。

ご存知の方もいるかと思いますが、それまではDAIWAユーザーでした。

結果的にここでSHIMANOに変えてよかったですが、今年の「21ツインパXD」は「ん〜、どうでしょう‥」といったところです。

21ツインパXDの記事はこちら

そして、SHIMANOのリールにはSHIMANOの竿ということで「熱砂リミテッドS1010M+」を調達。

DAIWAタックルからSHIMANOタックルへの変更は、適用するまでなかなか苦戦しました。

DAIWAタックル、特にモアザンEX・BRはかなり「ピーキー」だったことが実感できましたね。

その分NEWモアザンブランジーノEXは扱いやすく仕立ててあるとのことでしたが、いったい何時発売になるのでしょうね。

熱砂リミテッドS1010M+の記事はこちら

2020年の初釣り動画は3月28日にUPしていましたが、もちろんまだまだ寒くて釣果は無し。

すれ違う釣り人さんからは、ヒラメ・シーバス・チヌあたりが「釣れたよ」とか「釣れてたよ」とかの情報提供はありましたが、自分のルアーにはヒットしませんでしたね。

2020年記念すべき初釣果は4月9日にUPしたクサフグ。

今年は初モノからメインターゲットをGET!したいですね〜。

今も治っていませんが、この頃まさに新型コロナのすったもんだで釣り人界隈でも「自粛しろ」だとか「釣りはOK」とかザワつきましたね〜。

あの頃は新型コロナウイルスについてよく分かっていない状況でしたから、まあそうなるのは仕方なしとは思います。

ですが、他人に自粛を強要したり、釣り人を見かけたからってわざわざ写真を撮ってSNSで晒してみたりと、そういうのはマジで一番やっちゃいけない。

今年は、そんな人としてどうかしてる奴が出ないことを祈りつつ、私自身の考えも改めて表明しておきたいと思います。

今も昔もまったく変わっていませんが、自分は「自粛」については釣りに拘らず全てにおいて「#withコロナでうまく生きていくための責任を持った自主性」といった信念を持っています。

その信念のもと「出来ない理由を並べる前に出来る方法を考えよう」という思考で今年も釣りをしていきたいと思います。

動画で使ったスライド画像を貼っておきますので、よかったら参考にしてください。

ということで話を戻しますが、2021年は早い段階からメインを釣って動画をお届けできるよう頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です